医療費控除は多くの家庭があてはまる確定申告

医療費控除 予防接種

医療費控除は多くの家庭があてはまる確定申告

医療費控除 予防接種について

確定申告の時期になりました。
街中でも、テレビでも、ネットでも確定申告をしましょうといったものをよく目にします。
なかでも、医療費控除のあてはまる家庭は多いです。
年間10万円以上を医療費に使っている家庭は申告できます。
これ以下の場合でも、収入によっては申告できるので、この機会に医療機関でもらった領収書を集め計算してみましょう。
気を付けなければいけないのが、予防接種にかかった費用です。
インフルエンザや水疱瘡といったワクチンは、予防のために接種する注射であることから、この領収書についてはのぞいて計算しなければいけません。
また、これとは別に、医療機関ではなくても、薬局で購入した風邪薬のレシートは医療費として加算できます。
目安が難しいかもしれませんが、病気や怪我のための治療にかかったものはほぼ医療費控除に適用されますので、確認してみましょう。
通院するための交通費や視力矯正のために作ったメガネの費用など、これも使えるのと思われるようなものも意外に適用されます。
そういった特集ホームページや本を参考にして、あなたも確定申告してみてください。

引越し 安い 京都
20㎞圏内ならさらにお得に引越しできます

関連情報

妊娠・出産をして分かった医療費控除と予防接種

私は去年、第一子を出産しました。
妊娠が分かったのは一昨年の冬。
それまで病院に行く事が

医療費控除と予防接種について

医療費控除についての記述です。
医療費控除とは年間を通して一つの世帯でかかった、医療費が一定の

医療費控除の対象に予防接種はなぜ入らないのか

確定申告の時期に近づくと「医療費控除」という単語をよく耳にします。
そもそも医療費控除というの

情報一覧